★スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★入内雀(にゅうないすずめ)

nyunaisuzume.gif

入内雀  にゅうないすずめ

-藤原実方(ふぢはらのさねかた)奥州(おうしう)に左遷(させん)せらる。その一念(ねん)雀(すゞめ)と化(け)して大内に入り、台盤(だいばん)所の飯(いひ)を啄(ついばみ)しとかや。是を入内雀(にゅうないすゞめ)と云。-
鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』にこう記されている。

実方雀(さねかたすずめ)とも。
奥州に左遷され、都を想いながらその地で没した歌人、藤原実方が化けたとされる怪鳥。
毎朝、内裏の清涼殿に現れ台盤(食事を盛る台)の飯をついばんだそうだ。

昔の人は、作物を食い荒らす雀を実方の怨霊と考えたのかもしれない。
実在の入内雀は東北で繁殖し全国に飛来するらしい。


チュチュンがチュン *(人゚∀゚) チュチュンがチュン *(人゚∀゚)

電線に スズメが三羽止まってた
それを猟師が鉄砲で撃ってさ
煮てさ 焼いてさ 食ってさ

ヨイヨイヨイヨイ ヽ( ´∀`)ノ オットットット (ノ´▽`)ノ
ヨイヨイヨイヨイ ヽ( ´∀`)ノ オットットット (ノ´▽`)ノ


寺つつき(#゚Д゚)┌┛)`д) ;∴ヘブッ

なにをさらすんじゃ~!おんどれは~!ヽ(`Д´)ノ

カワイイ小鳥キャラはわしだけでいいんじゃ~!(`Д´)ノ

アホぬかせ!スズメのほうがカワイイに決まっとるやないけ!ヽ(`Д´)ノ

ほんならどっちがカワイイか決着つけようやないけ!(`Д´)ノ

聖徳太子(#゚Д゚)┌┛)`д) )`д) ;∴ヘブッ;∴ヘブッ

どっちもキモいわ!(; ̄皿 ̄)┌┛ 

★寺つつき(てらつつき)

teratsutsuki.gif

寺つつき  てらつつき

-物部大連守屋(ものゝべのおゝむらじもりや)は仏法(ぶつほう)をこのまず、厩戸皇子(うまやどのわうじ)のためにほろぼさる。その霊(れい)一つの鳥となりて、堂塔伽藍(だうたうがらん)を毀(こぼ)たんとす。これを名づけて、てらつゝきといふとかや。-
鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』にこう記されている。

聖徳太子と蘇我馬子に滅ぼされた物部守屋の怨霊が化けたとされる怪鳥。
仏法を憎み、くちばしで寺を突き破壊しようとするらしい。

正体は、啄木鳥(きつつき)であるらしい。
啄木鳥が寺の柱を突いているのを見てそう思われたのかもしれない。
そう言えば、守屋が迹見赤檮(とみのいちい)の矢に射られたのは木の上だった。
鳥である所以か。


テッラツツキー
ちょっびっとだーけー
好っきーになってってっとてっと

テッラツツキー
ちょっびっとだーけー
好っきーになってってっとてっと

テッラツツキー
好っきっになって

今、テラツツキ の歌をわざとらしく歌ってます
ふふっ (* ̄∇ ̄*)

聖徳太子( ´∀`)┌┛)`д) ;∴ヘブッ

★橋姫(はしひめ)

hashihime.gif

橋姫  はしひめ

-橋姫(橋姫)の社(やしろ)は山城の国(くに)宇治(うじ)橋にあり、橋姫はかほかたちいたりて醜(みにく)し、故に配偶(はいぐう)なし、ひとりやめもなる事をうらみl、人の縁辺(ゑんべん)を妬(ねたみ)給ふと云。-
鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』にこう記されている。

古くて大きな橋に宿っているとされる女性の妖怪。
橋の守護神、外敵の侵入を防ぐ鬼女、または女神とも云われる。
橋姫は嫉妬深く、橋の上で他の橋を誉めたり、女の嫉妬をテーマとした『葵の上』や『野宮』などの謡曲をうたうと恐ろしい目に遭うという。
京都の宇治橋の橋姫が有名だが、大阪の長柄橋、滋賀の瀬田橋にも祀られている。

文献等によれば、
『嫉妬に狂った女性が相手に復讐するため貴船神社に自ら鬼神になる事を祈る。
そして、お告げ通り宇治川に7日7晩(21日とも)浸ると生きながら鬼となった』
とある。


川に浸かるのか~。(; ̄Д ̄)
夏であればいいけど、冬はきつそうだな~。
鬼神になる前にこりゃ風邪ひくだろうな~。
で、今年の1月に風邪をひいた私。
咳のしすぎで肋骨が痛くなる。ε=ε=(;´Д`)
今でもくしゃみすると痛い。


ヘックシン!(; ̄皿 ̄;)☆ズキッ

★百々目鬼(どどめき)

dodomeki.gif

百々目鬼  どどめき

-函関外史云(かんくはんぐはいしにいはく) ある女生れて手長くして、つねに人の銭(ぜに)をぬすむ。忽(たちまち)腕(うで)に百鳥(ひゃくてう)の目を生ず。是鳥目(ていもく)の精(せい)也。名づけて百々目鬼(どどめき)と云。外史(ぐはいし)は函関以外(はこねからさき)の事をしるせる奇書(きしょ)也。一説にどゞめきは東都(とうと)の地名ともいふ。-
鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』にこう記されている。

腕に百もの目玉を持った女妖怪。
元は人間であったが、盗み(すり)が過ぎるので祟りにあい腕に鳥目(目玉)が出来るようになったと云う。
鳥目とは、銅銭のこと。
穴のあいた銅銭が鳥の目に見えたことから、そう呼ばれるようになったらしい。
また宇都宮にこの名の鬼の伝説があり、退治した地がそのまま地名になったと云う説もある。


百々目鬼さんの悩み
・焦点が合わない (;@皿@))」ウオー!
・あくびをすると両袖が涙で濡れる  ・゚・(ノД`;)・゚・
・自分の脇毛が目に入る ~(-д・。) ☆イテ


なんかさ~利点はないの~?( ̄0 ̄) ノ



dodomeki2.gif

なんか画がもう一つなので違う画を描いてみた。
百々目鬼(どどめき)鬼バージョン。

★大禿(おおかぶろ)

okaburo.gif

大禿  おおかぶろ

-伝へ聞、彭祖(はうそ)は七百余齢(さい)にして猶慈童(じどう)と称(せう)す。是大禿(おおかぶろ)にあらずや。日本にても那智高野(なちかうや)には頭禿(こうべかぶろ)に歯豁(はあばら)なる大禿(おおかぶろ)ありと云。しからば男禿(おとこかぶろ)ならんか。-
鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』にこう記されている。

ここでの禿とは、遊郭に住む遊女の見習いの童女のこと。
大禿は、名前のとおり大きな童女の妖怪のようだ。
しかし、男色専門の茶屋で働く少年達も禿の姿であったと云う。
解説文にもある「男禿(おとこかぶろ)ならんか」。
ひょっとしたら禿姿の男の妖怪なのかもしれない。
花魁に殺された禿が化けたものと云う説もある。

原画での大禿は菊の花柄の着物を着ている。
そして解説文に出てくる彭祖(はうそ)と云う中国の長寿の仙人。
どうやら男色家を風刺した石燕先生の絵解きや言葉遊びがあるようだ。


否哉(いやや)と云うおネエ系の妖怪がいるけど、
大禿もそっち系の妖怪なのかしら。(゜д゜)ゞ
昔は、男色も結構オープンだったと聞くから妖怪にもいるんだろうな~。(;´Д`)
最新記事
02.03
鬼鬼鬼(とどろき)2
01.22
鬼鬼鬼(とどろき)
09.19
大熊手(おおくまで)
07.24
ちょっと書き直し
07.22
朱の盆(しゅのぼん)
カテゴリ
  1. お知らせ(28)
  2. 妖怪画(227)
  3. 妖会記(32)
  4. 怪訪記(16)
  5. キャラクター(27)
  6. ミニゲーム(7)
  7. マンガ(30)
  8. 雑記(13)
月別アーカイブ
QRコード
QR
関連リンク
リンク

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。