★スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★『狸囃子』 本所七不思議  其の参

tanukibayashi_o.gif

『狸囃子』 本所七不思議  其の参 

江戸時代の話でございます。
稲穂が頭をたれ、少し過ごし易くなった秋の夜の事。
横になっておりますと、夜風にのってお囃子が聞こえて来るじゃありませんか。
祭りでもやっているのかと、ちょいと外に出てみますとあちらの方から聞えて来る。
こいつは近くだってもんで、お囃子の音がする方へ行ってみる。
しかし、追いかけて行けば行く程、お囃子の音も遠ざかっていく。
おまけに聴こえていた方角も、あっちこっとに変わる始末。
こうなりゃもう意地ですわな。
是が非でも見つけてやると。
どれくらい時が経ったんでしょう。
気がつくととんでもない処まで来てしまってる。
「ここはどこだい?」
ススキの原でぽつんと一人佇んでいる訳でございます。
「こりゃ、狸にばかされた」
ススキの原でのお月さんは、さぞかし美しかったことでしょうな。

落語でお馴染みの「本所七不思議」。
(実際は、本題「浅井の化け物娘」に入る前のマクラ部分)
江戸時代に流行った怪現象話でございます。

「こ、これは絶対に妖怪が絡んでる!」と勇んで巡ってまいりました。
順番があるかもしれませんが、今回は私が回った順でご紹介。
三ヶ所目は、『狸囃子』でございます。
このお話は、『馬鹿囃子』とも申します。


tanukibayashi_1.jpg 暑い中、目的地に向かいます。
( ;´Д`)
途中コンビニで水分補給。
( ´∀`)つt[]
アスファルトの無い昔は、もっと涼しかったのかしら。

しかし、本所は空が広いな?。


tanukibayashi_2.jpg はい、着きました!
『狸囃子』の舞台となった本所中学校(旧明徳小学校)付近。
この場所はなんと、前の『落葉無き椎の木』の舞台だった平戸新田藩松浦家の親戚、平戸藩松浦家の下屋敷跡。
続けての怪現象。
なんかあったのか松浦家?!
(;゚皿゚)」


tanukibayashi_3.jpg はい、意味もなく反対方向から。
メイン通りから奥まっているので住宅街ですが、今は、夜になっても色々な音が聴こえてくるんだろうな?。
子供が多い町なんでしょう、やたらと子供を見かける。( ´∀`)
写真を撮っていたら、校舎のまどから中学生が数人覗く。
不審者扱いされそうなので退散?。
∟(゚Д゚;≡ピューー=3


tanukibayashi_5.jpg 今回、写真が少なかったので誤魔化し。
狸囃子。(゚∀゚)))))


tanukibayashi_4.jpg これも誤魔化し。
花のようで、サボテンのようで。
シゲチンが欲しがった人んちの鉢植え。
(゚∀゚)))))

ここんちのご先祖様は、狸囃子を聴いたのかもしれない。


今回、「本所七不思議」を巡るにあたり、
吟醸さんのHP『吟醸の館へようこそ』中の「落語の舞台を歩く」(本所七不思議は第45話)を参考にさせて頂きました。
吟醸さん自らカメラを提げ、地道に実地検証されたものです。
落語の世界も面白い!( =゚ω゚)=3


なんと吟醸さんは、書籍も執筆していらっしゃる。
「江戸落語の舞台を歩く」東京地図出版
これを読んだら、あなたも江戸散策をしたくなること請け合いです。

お付き合い、ありがとうございました。
次回は、『津軽屋敷の太鼓』です。( ´∀`)ノシ


『片葉の葦』『落葉無き椎の木』『津軽屋敷の太鼓』『消えずの行灯』『足洗い屋敷』『送り拍子木』『置いてけ堀』『送り提灯』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コメント

コメ多しオカチンさまのブログで
まさかの1コメゲット^^!やった!

むじな見ましたよー!
さすが。いやホンマおもろいです。
最後の刀鍛冶の爆笑に爆笑したwなんで笑ったんだw
むじなに切りかかるとこむっちゃかっこいいですね!うーん、センスすばらしいです。

江戸の妖怪小話、おもしろいですねー!
一度たぬきやきつねにばかされてみたいなあ。

ま~っけるな!まっけっるな♪
おっしょっさんに~まぁ~っけるな♪
こ~いこいこい!こいこいこい!
みィ~が出て・・・、え~っらいこっちゃ~~!


こんばんは!
有りがちの思い違いですw!(勘違いにも程がある!!!


狸囃子のお話って
各地で色々語り継がれてますネ~♪

案外、月夜には
ホントに「何か」が はしゃいでいるのかもw
(鬼の夜神楽なんてのもありますしネ~♪)

おほほ~~~ぉ!
タヌキルックのお二人が
カッワイイ~~♪ (´∀`)

一度タヌキに化かされてみたいとか思ったり^^;
でも化かされている間は周りから見ると、さぞかし不審な動きをしているのでしょうね・・・。
なので化かされるなら是非とも人気の無い通報されない場所で!

お~、多肉だ!
おぼろ月かなぁ~~~♪

皆様、ありがとうございまっす!<(_ _)>

> 颯季 様
お褒め頂き、ありがとうございます。(///∇//)ゞ 
まあ、あんまりセンスいいとは言い難いですがね…。
相変わらず、雑で好き勝手。(;一_一)
あっしも(綺麗な)タヌキやキツネにばかされてみたい。

『ガンガンIXA 』見ましたよ!ヽ( ´∀`)ノ 新選組、カッコいい!
絶対に大御所漫画家になってね。
「俺、この先生と知り合い!」って自慢すんだからさ~。


> 2010-06-24 13:09 様
だだっ広いススキの原とお月様。
このイメージは、どこから来たのでしょうかね~。
実際、私も巡り会った事は無いです。(///∇//)ゞ 

運動不足ですからね~、散歩くらいしないとね~、
お腹がね~、ぬっぺっぽうみたいになっちゃうしね~。(゚∀゚)))))


> スノリ 様
この間、下痢でオナラしたら歌のとおりに… (; ̄皿 ̄)
狸囃子の話は、どこからどうやって全国に流布したんですかね。
昔は、日本全国どこにでも狸がいて身近な動物だったからかな~。

わしのタヌキルック、なんか暑苦しくない?
何でだろう…。長袖だからか!
戦隊ものとかの着ぐるみって臭いんだってね!(;゚皿゚)」


> しーやん 様
大体、「化かされた~!」って言う人は、周りに何も無い所で気づくのです。
まあ狐狸が出てくる所は、人気のない寂しい所ってことなんでしょうね。
だから大丈夫、おもいっきり化かされても。
しーやんさんの場合、後で請求書が来るかもしれませんがね。(  ̄∀ ̄)
“飲食代として” とか “サービス代として” とか。

やっぱ化かされるのって、怖いですね~。
お互い綺麗なタヌキには気をつけましょう。(゚∀゚)))))


> 2010-06-24 23:42 様
今後ともよろしくお願いしたします。
こちらこそ感謝です。<(_ _)>


> れんげ 様
『多肉』?、『おぼろ月』? ぐぐりました。
すっげ~、多肉とタヌキ! 月夜におぼろ月!
全部が記事に関連してた~!(;゚皿゚)」ウオー!
意図的なコメント?
れんげさんすげ~!( ̄0 ̄;)オオー!

写真が少なかったので、賑やかしで載せた写真です。
偶然でもなんか感動。

amyはたぬきに似ています。(^^)
愉快だなあ。楽しいなあ。こんな楽しい妖怪なら、よいですね。
愉快な妖怪の味方、amyo(>∀<)o❤

Baby pink amy 様、ありがとうございます!( ´∀`)

> Baby pink amy 様
タヌキ顔の女性は、すごく可愛くて魅力的でありますよ!( =゚ω゚)=3

狸を妖怪にするって誰が考えたんだろうね。
腹鼓とか、陰嚢を頭から被ったり、本当に表現が愉快ですな。(゚∀゚)))))
昔から、身近にいて愛されていたのかも。

妖怪とか怪現象は見方によれば、すごく楽しくて愉快なものになると思います。
私は、「平成狸合戦ぽんぽこ」がすごく好き!

残念なことに、愛らしい狸顔じゃないのに、お腹はしっかりポンポコリン。
…これはなにかの祟りに違いない…v-12

宮部みゆきさんの「あやかし」も好きです。
江戸の情緒も伝わってきます。

LM様、ありがとうございます!( ´∀`)

> LM様
祟り… 私も同じ症状ですが…((((; ̄皿 ̄)
しかし、私の場合、夜中に小人の肉屋さん達がやってきてお腹に肉を増して行きます。
LMさんとはちょっと違う。
叩くと音も「ポン!」じゃなくて「ペチッ!」って。(゚∀゚)))))

おっ、宮部先生の著書お読みになってらっしゃいますね。(  ̄∀ ̄)
私も江戸話が大好きです。

最新記事
02.03
鬼鬼鬼(とどろき)2
01.22
鬼鬼鬼(とどろき)
09.19
大熊手(おおくまで)
07.24
ちょっと書き直し
07.22
朱の盆(しゅのぼん)
カテゴリ
  1. お知らせ(28)
  2. 妖怪画(227)
  3. 妖会記(32)
  4. 怪訪記(16)
  5. キャラクター(27)
  6. ミニゲーム(7)
  7. マンガ(30)
  8. 雑記(13)
月別アーカイブ
QRコード
QR
関連リンク
リンク

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。