★スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★『片葉の葦』 本所七不思議  其の壱

katahanoashi_o.gif

『片葉の葦』 本所七不思議  其の壱 

江戸時代の話でございます。
本所亀沢町にお駒と云う、それは器量良しの娘が住んでおりました。
まあ器量良しでありますので、男共が言い寄ってきますわな。
その男共の中に留蔵という男がおりまして、これがまた幾度も執拗に迫って来る。
しかし、お駒さんは好みでなかったのでしょう「ごめんなさ?い」とかわす毎日。
まあよくある話です。
傷心男は屋台でやけ酒を呑んで終る訳ですが、留蔵は違ってた。
留蔵は、思い通りにならない事に爆発。
可愛さ余って憎さ百倍と云うのでしょうか。
「俺の女にならぬなら… この手で…」と。
昔も居たんですな?、いっちゃってるストーカーさんが。
お駒さんが外出した際後をつけ、持ってた合口でブスリと…。
だが留蔵、殺しただけじゃあ気が治まらない
なんと片手片足を切り落とし、挙げ句は掘に投げ込んだ。
鬼畜野郎でございます。
事件発生場所は、大川(隅田川)の入堀(片葉掘、駒止堀とも)にかかる駒止橋付近。
それ以来、その掘に生い茂る葦は、どうしたことか片葉になったと云う事でございます。
お駒さんの無念の現れか。
この後、留蔵は狂い死にしたと云います。

落語でお馴染みの「本所七不思議」。
(実際は、本題「浅井の化け物娘」に入る前のマクラ部分)
江戸時代に流行った怪現象話でございます。

「こ、これは絶対に妖怪が絡んでる!」と勇んで巡ってまいりました。
順番があるかもしれませんが、今回は私が回った順でご紹介。
まず最初は、『片葉の葦』でございます。


katahanoashi_1.jpg 話の舞台の片葉掘の駒止橋付近は、現在の両国橋のちょい南側。
まずは、両国の“らーめん まる玉”で腹ごしらえ。美味い!( =゚ω゚)=3
そして、この話の目印になる両国橋へ向かいます。
生憎と工事中。
工事用バリケードが両国橋の錦絵になってます。


katahanoashi_2.jpg はい、着きました。( ´∀`)ノ
両国橋(京葉道路)でございます。
上には首都高が走っております。


katahanoashi_3.jpg 工事用バリケード看板の錦絵。
橋の上はギウギウです。(゚∀゚)))))
人でごったがえし。
当時、橋自体が少なかったので朝夕通勤時は、ギウギウだったことでしょう。


katahanoashi_7.jpg 両国橋のガードレール。
軍配のデザイン、両国ならでは。


katahanoashi_4.jpg 片葉掘があったとされる辺り。
明治37年に前の両国橋が掛けられる時に埋め立てられたそうです。
当然、駒止橋も残ってはいません。
公園だったみたいですが、現在工事中。


katahanoashi_5.jpg 昔の両国橋は今の橋より下流の方。
大体、あそこら辺。
ここらも片葉の葦が群生してたのでしょうかね。(´ー`)


katahanoashi_6.jpg で、ぐるり回って殺人現場?(片葉掘付近)の方へ。
現場?から両国橋を眺めます。
葦がなくともお駒さんの怨念は、まだここに止まっているのだろうか?
(((( ;゚д゚))) 


katahanoashi_8.jpg 両国橋を離れ隅田川沿いを上ります。
この河川敷は散歩にうってつけ。
『花』を歌いながら歩いてみましょう。( ・∀・) ?♪
ああ、潮の香りがする。

中央に小さく写っているのが柳橋。
神田川の終点、隅田川に合流する地点です。
そう言えば、柳橋で醤油を一升飲んで死んだって噺があったような?


今回、「本所七不思議」を巡るにあたり、
吟醸さんのHP『吟醸の館へようこそ』中の「落語の舞台を歩く」(本所七不思議は第45話)を参考にさせて頂きました。
吟醸さん自らカメラを提げ、地道に実地検証されたものです。
落語の世界も面白い!( =゚ω゚)=3


なんと吟醸さんは、書籍も執筆していらっしゃる。
「江戸落語の舞台を歩く」東京地図出版
これを読んだら、あなたも江戸散策をしたくなること請け合いです。

お付き合い、ありがとうございました。
次回は、『落葉無き椎の木』です。( ´∀`)ノシ


『落葉無き椎の木』『狸囃子』『津軽屋敷の太鼓』『消えずの行灯』『足洗い屋敷』『送り拍子木』『置いてけ堀』『送り提灯』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コメント

お久しぶりです。しばらく予告なしに
完全離脱しておりました。

あぶみくちはなんだか友人のあぶらたにを
思い出します!

髪鬼さん、私に髪切らせて~!
免許無いから無償です!!

鬼熊こわい~、森の熊さんと
ボリノークサマーンって似てますよね?!

ヤンキー「何メンチきっとんじゃ~!!」
めくらべA「今(now)俺と目そらしたろ?」
めくらべB「あ?!何そらしてんねん!!」
ヤンキー「サングラス掛ければ良かった・・・。」

バブゥ~といえば、最近タラちゃんの真似をする
芸人が強烈なインパクトでした。
バブゥ~はイクラちゃんなんですが。

森のくまさんは・・・以下同文。

現在(now)のストーカーが伝説的になるには、
どうすればいいのですかね?!

ふぅ~♪

素晴らしい!!

こうゆう、意義のある、ちい散歩、良いですよね。
いつも思います。見ていて心から楽しめます、さすが
プロだなと。
しかも、いつもお天気良いですよね、オカチンさんは
晴れ男なんでしょうか?

下の下の記事のコメント返し。。。
親子の愛ですねぇ~

荒くまさん、かわこわでやっぱり憎めないですぅ^^

この記事では、行ったことのない所が見れて、楽しかったですぅ^~^♪

観光ガイドみたいで
楽しませてもらいました~

 バラバラ事件はいやですが…。
 

肩ぁ~で かっぜ切っる がっくせいさんにィ~♪
ジャズが音頭とぉ~る神田!神田!かぁ~んだぁ~♪

こんばんは!BENIHANA・Tokyoですw!(アカン!まざっとるがや!!! (・ω・;)


う~、なんとまぁ
お江戸の昔から「猟奇ストーカー殺人」って
あったんですね・・・v-12

妖怪さんや幽霊さんよりも
やっぱり
生身の人間の念がイチバン・・・コワイ!

ま、ま、ま!
それはチョイと傍らに置いといて・・・!

いいですネぇ~、こういう街巡りw
お江戸八百八町は水の都!
古地図なんぞ片手に
好いた殿方と漫ろ歩きたやぁ~~♪ (´∀`)

話の内容はちと怖いけど
イラストがカワイイから笑えちゃう~
のはアタシだけ?だろうねぇ・・・

皆様、ありがとうございます!

> アキヒサナウ 様
いや、全部にコメントせんでも…。読み逃げで十分だから。
私も最近読み逃げばっかりで…。(  ̄д ̄;)ゞスマンコッテス
情報過多だから、現代のストーカーが伝説になるんは難しいね。


> 純 様
ちい散歩… ちいバッグは、リュック型とショルダー型の2種類がありますね。(゚o゚)
プロ… 散歩のプロ。(゚∀゚)))))
晴れ男… ヤフーの天気予想を見て計画しますが、たまに降られる時も有り。(-_-;)


> 癒しグマ 様
全部にコメントせんでも…(´Д`) ありがとうございます。
夏ですので、怪談にまつわる地を巡ると言うのも良いですね。
怪談といっても昔のヤツね。現代の廃墟病院とかは、怖くて行けない。(((( ;゚д゚))) 


> tedukuridaisuki 様
観光ガイド… いや七不思議って案外そう云うものだったのかも。
何故か全国各地にある七不思議。人を呼ぶ為の話題作りだったりしてね。(゚∀゚)))))
昔は、事件が起きるとなにかと物語にしたようで。


> スノリ 様
偶然だけど、中野で神田川(かぐや姫)の石碑をみつけたよ。(゚∀゚)))))
わし、古地図好きなんよ。現代と照らし合わせると面白い。
お江戸八百八町、まだまだ観るとこが沢山ありますぜ。


> 2010-06-20 09:46 様
最近は、夫婦で知らない場所を散歩するのが楽しみです。
旅行もいいですが、気楽に気張らず行ける散歩もいいですね。
でも、翌日脚が痛い…。(; ̄皿 ̄;) 


> 姫 様
殺人現場の再現画って初めてです。カキカキφ(;゚Д゚)」
しかし、私の画だからリアリティ無し。( ´∀`)
「日本昔話」風にできたらいいかな~っと。

最新記事
02.03
鬼鬼鬼(とどろき)2
01.22
鬼鬼鬼(とどろき)
09.19
大熊手(おおくまで)
07.24
ちょっと書き直し
07.22
朱の盆(しゅのぼん)
カテゴリ
  1. お知らせ(28)
  2. 妖怪画(227)
  3. 妖会記(32)
  4. 怪訪記(16)
  5. キャラクター(27)
  6. ミニゲーム(7)
  7. マンガ(30)
  8. 雑記(13)
月別アーカイブ
QRコード
QR
関連リンク
リンク

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。