★スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★「ちみちみ怪々」番外編 岩塩日記『一つ目小僧のこと』

gn_001.gif

本日、暁七ツ、古寺の前にて一つ目小僧に遭遇せし。
あまりの嬉しさに我を忘れこの物の怪に抱きつく也。
しかしこの物の怪、驚かない人間にたいそう不服の様子。
こゝぞとばかりに、いつも持ち歩く矢立を取り出し紙に写し描きとめる。
画を見た一つ目小僧、これおゝいに気に入り、僕(やつがれ)を他の妖怪達に介してくれると云う。
一つ目小僧、名を一郎と云い、他に兄弟が居るとのこと。




続きを読む

★ちみちみ怪々 第十四話 『絵師さんに見えるもの』

ちみちみ怪々

「ちみちみ怪々」新作!
第十四話 『絵師さんに見えるもの。』


いいね?! いいよ?! かわいいよ?!
こんにちは、妖怪絵師 “魚川岩塩”です。
いや?、妖怪って本当にいいですね。

それでは、ちみちみちみちみまいりましょう。

★人面樹(じんめんじゅ)

jinmenjyu.gif

人面樹  じんめんじゅ

-山谷(さんこく)にあり。その花(はな)人の首(くび)のごとし、ものいわずしてたゞ笑(わら)ふ事しきりなり。しきりにわらへば、そのまゝ落花(らくくは)すといふ。-
鳥山石燕の『今昔百鬼拾遺』にこう記されている。

三才図会と云う中国の書によると、南方は大食国(だいしこく)にある伝承上の木(木の妖怪?)。
その木には人面の花が咲き、その花は喋りこそしないが笑うらしい。
しきりに笑うとそのまましぼんで落花するそうだ。
水木大先生の書によると、秋には人面子(じんめんし)と云う実がなるとされる。
甘酸っぱいとテイストも語られていた。

子供の頃みた漫画で、この人面樹の実(人面子)を食べる話しがあった。
食べた男はあまりのうまさに中毒になり次々と食べていく。
子供向けタッチの画だったけど怖かったな?。
種はやはり髑髏だった。(((( ;゚Д゚)))ヒィー


笑って散って実がなって

その種がまた笑いを生む

ああ、すばらしきかな笑いの人生

わっははははははははっはぁ?

((((( ゚∀゚)ワッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \ッ/ \ア?

★大蜘蛛(おおぐも)

ogumo.gif

大蜘蛛  おおぐも

怪談や民話などに登場する大きな蜘蛛の妖怪。
蜘蛛の怪異に関する総称でも使われ、前の土蜘蛛も大蜘蛛と呼ばれる事もある。
年を経て妖力を身につけた蜘蛛が人を襲う話が一般的。

蜘蛛が巣を張り捕食する姿は、不気味であるがなぜか魅了されたもんです。
妖怪化するのも分かる気がする。


2010-04-07 投稿
【虫系妖怪対抗 チキチキ 誰が本当のムシキングだ!スペシャル むしむし大行進!】
今更でどうでもいいけど、常元虫(じょうげんむし)
のつづき。

プチッ!☆

大蜘蛛:「ムシキングの会場ってここ?遅れちゃったけどい?い?」( ´_ゝ`)

オカチン:恙虫さんが???!!」。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

大蜘蛛:「… あ、ごめんね…」(  ̄д ̄;)ゞ

オカチン:「じゃあ… 大蜘蛛さんがムシキングってことで…」(´;ω;`)

大蜘蛛:「あ、でもね… わし虫ちがうって言われた事あるんですわ」(  ̄д ̄;)ゞ

オカチン:「ええ?!虫じゃないんですか?!?」( ̄□ ̄;)

大蜘蛛:「あ、なんかね… 足の本数が違う?とか言われて…」(;一_一)ゞ

オカチン:「虫でいいんじゃないですか、虫=昆虫じゃないみたいですし」( ̄△ ̄;)

大蜘蛛:「あ、そうだよね… 昔はムカデとかヘビも虫あつかいだったしね…」(;一_一)ゞ

オカチン:「それじゃムシキングは大蜘蛛さんに決定!」(ノ´▽`)ノ

大蜘蛛:「あ、ところで… このつぶれてる虫は何?」(;一_一)ゞ

オカチン:「なんですかね………… 害虫かなんか…」???(゜д゜)ゞ
最新記事
02.03
鬼鬼鬼(とどろき)2
01.22
鬼鬼鬼(とどろき)
09.19
大熊手(おおくまで)
07.24
ちょっと書き直し
07.22
朱の盆(しゅのぼん)
カテゴリ
  1. お知らせ(28)
  2. 妖怪画(227)
  3. 妖会記(32)
  4. 怪訪記(16)
  5. キャラクター(27)
  6. ミニゲーム(7)
  7. マンガ(30)
  8. 雑記(13)
月別アーカイブ
QRコード
QR
関連リンク
リンク

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。