★スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★皿かぞえ(さらかぞえ)

sarakazoe1.gif

皿かぞえ  さらかぞえ

-ある家の下女十の皿(さら)を一つ井におとしたる科(とが)によりて害(がい)せられ、その亡魂(ぼうこん)よなよな井のはたにあらはれ、皿を一より九までかぞへ十をいはずして泣叫(なきさけ)ぶといふ。此古井(こせい)は播州(ばんしう)にありとぞ。-
鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』にこう記されている。

「此古井は播州にありとぞ」
皿かぞえとは皿屋敷のお菊さんの事だが、これは播州の話のようだ。
播州の話は、番町とおおまか同じだが、お菊さんはお家乗っ取り計画を阻止するための女スパイの設定になっている。
入り込んだ屋敷の主に間者である事がばれ、家宝の揃い皿の欠品をでっち上げられ捕らえられる。
そのまま責め殺され、お菊さんは古井戸に投げ捨てられてしまう。
そして、その井戸からは夜な夜な皿を数える声が聞こえてくるようになったと云う。


史実的な裏付けはありませんが、姫路城の敷地内に”お菊井戸”と呼ばれる古井戸が現存し、結構有名。
また、“於菊虫”と呼ばれる妖怪もいて、これはお菊さんの怨念が虫となって帰ってきたものらしい。
姫路城は“長壁姫”も居るし、妖怪城だなこりゃ。ヽ( ´∀`)ノ


オマケ:腹いせに皿を全部割るお菊さん。(゚∀゚)))))
sarakazoe2.gif

★番町皿屋敷 皿かぞえ

お菊さん(皿かぞえ)に会いに行きました。

bancho_top.jpg

今回は、誰もが知ってる怪談「番町皿屋敷」の舞台となった番町を訪れました。
皿屋敷伝説は、各地にあり「番町皿屋敷」は、その一つです。

「番町皿屋敷」の舞台は、牛込御門内五番町にあった青山播磨守主膳の邸。
主人公は、そこの奉公人“お菊”と云う女性です。
ある日、お菊さんは誤って主人の大事にしている揃いの皿の一枚を割ってしまいます。
主人は大層怒り、お菊さんは責任を負わされ手打ちにあい死んでしまうのです。
そして、亡がらは古井戸へ投下。
なんとも痛ましい事件でしょう。
それからというもの、夜な夜なその井戸底から皿を数える声が聞こえるようになりました。
その井戸にお菊さんの怨念が宿ったと云うことでしょうか。
「一まい……二まい……」と皿を数えます。
「八まい……九まい……」
ここで途切れ、最後にはお菊さんの断末魔と言うか絶叫が聞こえたと云います。
その噂が広まり青山主膳は取り調べを受け事件発覚となりました。
その後、所領没収お家断絶に。
問題のお菊さんの怨念ですが、了誉上人と云う偉いお坊さんの読経により成仏となります。
麹町にあった常仙寺と云うお寺には、件の絵皿が納めてあったそうですが、常仙寺は現在の杉並区に移り、その所在は特定できないそうです。

「番町皿屋敷」は、戯曲、落語などにもなり話のパターンも色々。
皿は嫌がらせで誰かが隠したとか、お菊さんは束縛され監禁されていたが、逃げ出し自ら井戸に落ちたとか、中指を切り落とされたとか、青山主膳とは恋仲だったとか…。
伝説は、時が経つにつれ尾ひれを付けたり、枝分かれしたりしていくものです。
それはそれで面白いですね。

続きを読む

★「ちみちみ怪々」新作! 第八話 『ひょうすべの呪い』

chimi8.gif

ちみちみ怪々 第八話 「ひょうすべの呪い」

怖いもの知らずの一つ目一郎。
今回は、ひょうすべにちょっかいを出した。
弱そうに見えても甘く見ちゃ?いけやせん。

人海戦術ならぬ妖海戦術!

それでは、ちみちみちみちみまいりましょう。

★雪降り婆(ゆきふりばばあ)

yukifuribabaa.gif

雪降り婆  ゆきふりばばあ

やはり雪が降る日に現れる妖怪らしい。
これまた詳細不明。

村上健司先生の妖怪辞典によると、
紐を持っていて出会った人を縛っちゃうそうだ。

ドSかよ! (゚∀゚)))))☆
官能かよ! (゚∀゚)))))☆
女王様かよ! (゚∀゚)))))☆

紐で人を縛る。
星野之宣先生の『宗像教授伝奇考」file.27 “菊理媛は何を告げたか” を思い出した。
土葬の納棺時、使者を紐で括るという話。
このお婆さんは、そう言う職務を請け負った人だったのでは?
穢れ信仰の時代、こういう職の人は人里離れ妖怪となったのだろうか。


雪系おちまい。(; ̄皿 ̄;)ゞ 




★ちみちみ怪々

フラッシュアニメ 『ちみちみ怪々』

一つ目小僧、二つ目小僧、三つ目小僧。
俺たちゃ目玉三兄弟!
目玉三兄弟がちみちみ繰り広げる妖怪ショートアニメ。

chimichimi.gif

オリジナル手ぬぐいのアンケートは、終了しました。
多数のご協力、誠にありがとうございました!<(_ _)>

プレゼント当選の方には、追ってメールにてご連絡いたします。
本染め手ぬぐいの為、制作に時間がかかります。
ので、プレゼント商品がお手元に届くのはちょっと先に…。
済みませんが、気長にお待ちください。(;´Д`)ゞ
最新記事
02.03
鬼鬼鬼(とどろき)2
01.22
鬼鬼鬼(とどろき)
09.19
大熊手(おおくまで)
07.24
ちょっと書き直し
07.22
朱の盆(しゅのぼん)
カテゴリ
  1. お知らせ(28)
  2. 妖怪画(227)
  3. 妖会記(32)
  4. 怪訪記(16)
  5. キャラクター(27)
  6. ミニゲーム(7)
  7. マンガ(30)
  8. 雑記(13)
月別アーカイブ
QRコード
QR
関連リンク
リンク

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。